おすすめ投稿

脱毛ラボでのビキニライン脱毛

脱毛ラボにて、ビキニライン脱毛を体験してきました。
以前他のエステにてフラッシュ脱毛を受けていて、だいぶ毛量は減ってきてはいたのですが、もう少し頑張ってみようと来店。
担当のスタッフさんが親身にカウンセリングをしてくださり、わかりやすく流れを説明して下さいました。
料金も比較的リーズナブルで、様々なニーズに合わせた支払いのシステムがあることが印象的でした。
全室個室になっているので、安心して施術が受けられるのも良いです。
冷たいジェルを塗り(このジェルが保湿効果もあるとのことでした)、機械を照射すると、チクッとした痛みは結構あります。
スタッフの方が「大丈夫ですか?」と確認しながら進めてくださるので、頑張って耐えました(笑)
ビキニラインは他の部位に比べて痛みを感じやすいそうなので、肌が敏感になっている時期は避けた方が良いかもしれません。
施術中はスタッフさんが色んなことをお喋りして下さったので、痛みがある中でも楽しい時間を過ごさせて頂きました。
痛みの感じ方は本当に個人差があるようで、すごく痛がる方もいれば眠られるくらいなにも感じない方もいらっしゃるようでした。
施術が終わった後は少し肌に赤みが出るのですが、術後の冷却で、ほとんどなくなりました。
平日の昼間にも関わらず混んでいましたが、忙しなさを感じさせない接客も好印象でした。
またお世話になりたいと思います。

ハイジニーナという選択肢

ビキニラインのスキンケアという事で、ハイジニーナという言葉を聞かれた事のある方も少なくないかと思います。
今や海外セレブの間では常識となりつつあるハイジニーナはVIOラインを全く無毛状態にしている方のことなのですが、そもそもハイジーンという単語には「衛生的な」という意味があります。
つまり、衛生的な女性ということなんですね。Vラインの脱毛を行うのはとっても衛生的なんです!
どういう事かというと、VIOラインにムダ毛がある事によって毎月一週間ユウウツな生理の時の血や、排泄物がそのムダ毛に着くことによって雑菌が繁殖しやすくなり嫌な匂いやカユミの原因になります。
裏を返せばその原因を取り除けば気になる匂いやムレの予防になるんです。

という事で、日本でも徐々にハイジニーナの人口は増えてきていると言われています。
しかしVライン全てを無くすのには抵抗があるという方は、楕円形・逆三角・ハート型(海外セレブには人気があるそうです!)など好きなデザインで楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。
人には相談し辛い内容なのでサロンのエステティシャンからアドバイスをもらったりネット検索でもたくさんデザインや自己ケア方法があるので、ご自身に合ったものを探してみるといいと思います。

ただカミソリやシェーバーで自己処理するだけでは、翌日にはチクチクかゆくなったり黒いポツポツで見た目が悪かったり色素沈着や埋もれ毛の原因になったりとトラブルを引き起こす可能性も。
今はエステサロンでの光脱毛や美容外科での医療レーザー、ブラジリアンワックスのサロン等たくさんの場所でムダ毛の処理ができるようになりました。
ここはやはりプロの力を借りるのが今後の為にも1番楽な方法になるのではないでしょうか。

水着になる時のお手入れの手間の短縮や、ムレやすい時期をいかにして快適に乗り越えるかなど検討してみる価値はあると思います。
1人でも多くの方が快適に過ごせるように選択肢の1つとして入れてみてください。